床材を長い期間維持出来るフロアコーティングの詳細

ご自宅のフローリングを美しくキープする為に最も有効な施工方法としてフロアコーティングがあります。床材は、どんなに注意していても擦り傷や凹みといったキズが付いてしまいます。


床を張り替える場合には、高額な費用が必要となる事から綺麗な状態の床面にフロアコーティングを施工すると良いのです。


初期費用も必要となりますが、将来的に十分費用を回収出来る効果があります。
フロアコーティングの中には、タイプが様々でポイントや特徴が異なります。


主な種類としては、UV、ガラス、シリコン、ウレタンコーティングが施工に使われる材質となっています。



中でも2016年が現在、最も人気を集めているのがUVコーティングです。耐久性の高さや見た目の美しさ、施工のし易さ等から圧倒的な支持を集めています。

耐久性が20年から30年とその他に比べ極めて長い特徴があります。
傷が付きにくく耐水性や耐摩耗性に優れている保護材となっています。美しい艶が出る点も特徴で、仕上がりがとても綺麗です。

今、話題の便利な神奈川のエコカラットの情報を公開しているサイトです。

次にガラスコーティングですが、ナノコンポジット技術を採用した施工でフロアコーティングよ中でも最も硬い皮膜を作れます。

特別なマイナビニュースについて正しい知識を持つこと重要です。

硬いため傷が付きにくく、耐久性は20年となっています。


クッションフロアでも施工可能なメリットがあります。
シリコン、ウレタンはそれぞれ樹脂材質となっています。
ウレタンは、摩擦に対し強い性質を持ちシリコンは、薬品に強い性質を持ちます。

以上、新築時の美しい床面を維持する為にフロアコーティングは、有効な施工です。