フロアコーティングの必要性と種類について

フロアコーティングは、新築の状態の綺麗で清潔な床面を維持する為に必要な施工となっています。フロアコーティング無しの床面の場合、入居してから数年後には、凹みや擦り傷が次第に目立つようになります。
最初のうちは気を付けていても家具を移動させたり、椅子を引いたりして気付かぬうちに傷が付いてしまうパターンが多いです。生活していると最も接触する事が多い床材は、出来るだけ長く良い状態に保ちたいと思う人が多いです。

床面を傷から守る為にコーティングは、大切な保護方法でもあります。
そんなフロアコーティングには、種類が存在します。

目的や用途によって使い分けられている為、事前に各々の効果を知った上で施工をする必要があります。

主にフロアコーティングには、UVやガラス、シリコンやウレタンといった種類に分けられます。



いずれも床を保護出来る材質となっています。



現在、多く施工をされているのは、UVコーティングで効果の持続が30年と非常に長いメリットがあります。


耐久性が優れている他に艶や光沢が出て見栄えのする仕上がりとなります。

次にガラスコーティングですが、薄いガラスの皮膜を形成します。

表面が硬く、傷が付きにくく耐用年数は20年となっています。


ウレタンは、樹脂一種で摩擦による床の磨り減りを防止出来ます。

シリコンは、薬品系に強い特徴があります。

共同通信社情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

ウレタンとシリコンはおおよそ10年の耐用年数が見込まれています。

いずれも費用が掛かりますが、施工後は当面の間、メンテナンスフリーとなる魅力があるのです。